11
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
<< >>

This Category : 鹿児島フェアin福岡

--.--.-- *--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Permalink *  EDIT * ▲TOP

2008.04.02 *Wed*

フェアレポート =黒糖編=

3日連続、私にしてはハイペースな更新です。笑
もうすぐ引っ越しです。
なので、もうすぐインターネットが使えなくなってしまうの。
その前に、鹿児島フェアのレポートだけは仕上げたくて。



本日は =黒糖編= です。

フェア期間、1日2回、黒糖作りの実演をやったんですよ!!
黒糖を作っているところを生で見られる!!
すごくないですか!?
私、こういうの大好き☆
作っている過程とか見るの、好きなんですよ~。
しかも、
黒糖なんてどうやって作るのか なんて知らないじゃない?
だから、お店を抜け出して見学してきました!!

今回みなさんに披露したのは、最後の過程の
煮詰める⇒出来上がり
のところでした。
喜界島の人たちは、このことを「炊く」と言います。


液体状の黒糖の原料を、大きな平たい鍋で炊いてるところ。
フェア5


ある程度水分がとんでトロトロっとしてきたら、
隣の鍋に移しかえて、更に水分をとばすそう。
フェア6


最後に、丁度良い厚さに広げ、細かく切る。
出来上がり
フェア7



この炊きたての黒糖が まい!!!
今までの疲れがふっとんでいくようでした。

これをお客様に試食していただいたんです。
なんて贅沢☆
この試食、美味しかったはず。
食べられたお客様はラッキーだったと思う。
普通は炊きたてなって食べる機会ないもんね~。


黒糖って、作る人によって味が違うんですよ!
この実演をやった「ユタカさん」と、
若松農園の隣のブースで販売していた「よしたろう」さんとでは、
同じ喜界島のさとうきびを使っているのに
味が違うの!

これには驚きでした。


いろんな人の黒糖を食べ比べてみたい・・・

喜界島へ引っ越してからの野望が1つできました。笑





スポンサーサイト
Permalink *  CM(0) *  TB(0) *  EDIT * ▲TOP

2008.04.01 *Tue*

フェアレポート =島民性編=

4月1日、今日から新年度ですね☆

世間ではガソリンやら道路工事やらの問題が
勃発しているようですね。。
私たち夫婦にとっては、
大きなチャレンジを始める大切な年度
やっぱ、最初が肝心でしょ。
気を引き締めてスタートです!!

先ずは、、、

引っ越し準備からです。笑
「遅いよ!」って声が聞こえる気もしますが、
まあ気にしない2。
8日(火)の引っ越し日に向けて
只今、超特急で荷造りをしております。



ちょっとブレイク♪

鹿児島フェアのレポートです。
本日は =島民性編= です。


3日間で喜界島のたくさんの人たちとふれあった私。
そして感じたこと。
たくさんあるけど、そのうちいくつかをご紹介。


◆喜界島の人たちは温かい◆
初対面でしかも島人じゃない私にも、
気さくにどんどん話しかけてくれるんですよ。
その話しかけ方も、友達といつも話すような感じで。
嬉しかった♪


◆陽気・おおらか・細かいことは気にしない◆
フェア4
島唄を唄ってます
踊ってます
指笛ならしてます
フェア3

フェア真っ最中です。
ブース内でです。
ギャラリーいっぱいです。
言うまでもなく大注目です!!
喜界島のブースが大盛り上がりでした!!


◆財布の紐がゆるい?!◆
語弊があるといけないんですが。。
悪い意味ではありません。
「良いと思ったものは、すぐに買う!」
そんな感じです。
私は
「いろんなものを見てから、気に入ったものを買う。」
だから、なかなか決まらない。
私の友達の多くがこう。
だから、その潔さがかなり新鮮でした。
福岡の人たちも、私タイプの人が多いようでした。
ぐるぐる廻って悩んでいる人を何人か見つけましたから。笑
「その気持ちわかりますよ~」
って言いたかったもん。



地域によって性格ってあるんですよね。
おもしろい!

喜界島民性は、
好きですww



Permalink *  CM(2) *  TB(0) *  EDIT * ▲TOP

2008.03.31 *Mon*

フェアレポート =感想編=


鹿児島フェアが終わって、今日で1週間。
この1週間にもいろいろとイベントがあったので、
(プライベートで忙しくて。)
鹿児島フェアがもっと先のことのように感じられます。



フェアレポート=感想編=


まずは素直な感想から・・・
「疲れたぁ~~~!」

ごめんなさい、これが素直な感想です。

でも、イヤな疲れじゃないんですよ。
充実感に満ちた疲れというか、なんというか。

本当のところ、もっと簡単に売れると思っていたんですね。
お客様も興味を示して近くに来てくれたり、
いろいろと質問されたりすると思っていた。
でも、違う。
素通りのお客様が多いこと多いこと。

フェア2
これはフェア前日の準備のとき。
どんな3日間になるのかも知らず、余裕の写真撮影。


確かにね、
自分がデパートの物産展に行くときのことを思えば、
そんなのあたりまえなんですよね。

「ちょっと時間があるから行ってみよ~」
「美味しいものがありそうだから行ってみよ~」
「試食がたくさんあって楽しそうだから行ってみよ~」
みたいな笑
私はいつもこんなんですし。
「買うぞ!」
って気持ちで行ったことなんて、先ず無い。
食べ物目当てですし。
しかも、試食!笑

それを思えば、
売るのがどれだけ大変なことか想像できそうなものなのに。。
でも、
実際に売る立場になってみないとわからないんですね。

いや~勉強になりました!

商品の陳列方法から、
商品のアピール方法から、
説明の仕方、
言葉遣い
などなど・・・もう何から何まで!
勉強・勉強・勉強・勉強です!!
難し~~~~い!

でも、
おもしろいですね☆

今まで知らなかったことが分かるっておもしろい☆


ブログに書ききれないほど、
まだまだたくさんのことを感じてきました。

今回のフェアで感じたことは、
すごく大切なことばかりだったと思う。

この気持ちは、ずっと忘れちゃいけないんだ。
忘れそうになったら戻ってきます。

『初心忘るべからず』




ヨシ、頑張ろう!!


Permalink *  CM(2) *  TB(0) *  EDIT * ▲TOP

2008.03.28 *Fri*

フェア、無事終了いたしました!


『鹿児島うまいものフェア』
無事に終了いたしました!!!

フェア1


フェアを終えて、
無事に終えることができた達成感と、
出店にご協力してくださった皆様への感謝の気持ちと、
今後の更なる改良と努力の必要性を、
体いっぱいに感じております。

「皆様、本当にありがとうございました!!」


若松農園のHPに、
フェアの記事を載せてありますので、
そちらもご覧ください。
→ http://www.midorisango.jp/putijohou2.html

ゆみすけブログでも、今後少しずつ、
フェアの様子の記事を書いていきたいと思っています!


Permalink *  CM(0) *  TB(0) *  EDIT * ▲TOP

2008.03.23 *Sun*

フェア近況報告

20080323235207.jpg  20080323235205.jpg


鹿児島フェア2日目終了です。

若松農園は社員一丸となって、
福岡の皆さまに『緑のさんご礁』の商品を
アピールしています!!

農家が直接お客様の声を聞けるフェアは、
とっても勉強になりますね!!

とりあえずの近況報告として、
写真を2枚。

フェア終了後、
ゆっくりとまたご報告いたします☆

明日が最終日、
頑張ってきます!!

Permalink *  CM(2) *  TB(0) *  EDIT * ▲TOP

プロフィール

ゆみすけ

Author:ゆみすけ
静岡県のとある田舎町出身の主婦。
2008年4月、旦那さまの出身地である喜界島へ移住! 南の島の大自然に囲まれて、日々奮闘中。
合言葉は『てげてげでいいがね~』



喜界島と名古屋

地図クリックで拡大します。クリック後は、ゆみすけブログに戻ってきてね笑

百聞は一見にしかず!



くろック



最近の記事+コメント



最近のトラックバック



カテゴリー



カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2017年11月 | 12月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -




ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

☆携帯からも見られます☆

QRコード



FC2カウンター

ようこそ!



Copyright © VIVA!喜界島 All Rights Reserved.

テンプレート配布者: サリイ   素材: Bee  ・・・   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。